化粧品成分 た行

化粧品の成分 タイソウエキス について

化粧品に使用される成分「タイソウエキス」は、 別名:ナツメ果実エキス とも呼ばれ ナツメや近縁植物の果実より抽出・精製されるエキスです。 タイソウエキスはサポニン、有機酸類、糖分等を成分として含有し、 化粧品成分としては、 ・収れん作用 ・...
化粧品成分 は行

化粧品の成分 ボレイ について

化粧品に使用される成分「ボレイ」は別名:ボレイ末 とも呼ばれ、 養殖のカキ(イタボガキ科マガキ)の貝殻を粉末状にしたものです。 ボレイは長い時間をかけてニオイがなくなるまで風化させるか、 あるいは焼成させることで得ることができ、 炭酸カルシ...
化粧品成分 あ行

化粧品の成分 オリーブ油 について

化粧品に使用される成分「オリーブ油」は別名:オリブ油とも呼ばれ、 オリーブ(モクセイ科の常緑高木)の果実より抽出される不乾性油であり 天然の植物オイルの一つで薬用や食用として用いられてきました。 オリーブ油は ・皮膚への浸透性 ・皮膚を柔軟...
化粧品成分 は行

化粧品の成分 バチルアルコール について

化粧品に使用される成分「バチルアルコール」は、 別名:グリセリルモノステアリルエーテルとも呼ばれている 高級アルコールの一つです。 バチルアルコールの化粧品成分としては 伸びが良く優れた保湿性があることから ・油性成分 ・乳化剤 ・乳化安定...
化粧品成分 ま行

化粧品の成分 メチルフェニルポリシロキサン について

化粧品に使用される成分「メチルフェニルポリシロキサン」は、 合成ポリマーの一種で主に閉塞剤として化粧品に用いられていますが、 次のような表示名称で使用されています。 ◆ジフェニルジメチコン 別名:メチルフェニルポリシロキサン 目的:潤滑作用...
化粧品成分 は行

化粧品の成分 ポリ酢酸ビニル について

化粧品に使用される成分「ポリ酢酸ビニル」は、 ・酢酸ビニル樹脂 ・ポリ酢酸ビニル液 ・ポリ酢酸ビニルエマルション 等とも呼ばれています。 ポリ酢酸ビニルは 柔軟性を有する皮膜形成を均一にさせるために使用されるベース成分で、 主に頭髪用化粧品...
化粧品成分 アルファベット表記

化粧品の成分 AHA について

化粧品に使用される成分「AHA」はアルファヒドロキシ酸の略です。 要はフルーツ酸と呼ばれるもので果物に豊富に含有されている成分で、 特に柑橘類(グレープフルーツなど)から得ることができます。 AHAには角質軟化作用がありますがこれは お肌の...
化粧品成分 は行

化粧品の成分 ホップ について

化粧品に使用される成分「ホップ」は、 別名:ホップ末 ホップエキス 油溶性ホップエキス 混合植物抽出液 等と呼ばれている褐色から赤褐色をした透明な液体です。 ホップはホップ(クワ科植物)の雌花穂より抽出・精製され フラボン配糖体やタンニンの...
化粧品成分 た行

化粧品の成分 トレハロース について

化粧品に使用される成分「トレハロース」は、 2種類のグルコースで構成された二糖類で、 動植物や微生物に含有されている糖質成分のことです。 例えばコケ、ビール酵母、パン酵母などの酵母類にも トレハロースが豊富に含まれています。 そんなトレハロ...
シャンプー成分 か行

シャンプーの成分褐藻エキスについて

シャンプーで使用される成分「褐藻エキス」は、 ぬめり成分が含まれている ・ワカメ・昆布・もずく 等といった褐藻類から得られる成分で、 ・高分子 ・水溶性ミネラル ・糖類 ・アミノ酸 ・アルギン酸 等が豊富に含まれていて、 優れた保湿効果を持...
シャンプー成分 あ行

シャンプーの成分エタノールについて

シャンプーに使用される成分「エタノール」は、 シャンプーの他、スキンケア用品などにも用いられる成分で、 ・溶剤 ・安定剤 ・乾燥促進 ・収れん ・殺菌 これらの目的で使用される、 いわゆるアルコールのことです。 この場合のエタノールは「一価...
シャンプー成分 あ行

シャンプーの成分オウバクエキスについて

シャンプーに使用される成分「オウバクエキス」は天然保湿成分です。 そんなオウバクエキスは天然の食物エキスで、 樹齢およそ15年以上にもなるキハダの樹皮の抽出エキスとなります。 シャンプーで使用されるオウバクエキスには、 ・保湿性 ・抗酸化性...
シャンプー成分 あ行

シャンプーの成分安息香酸Naについて

シャンプーに使用される成分「安息香酸Na」は、 食品にも用いられている防腐成分で、 ・防腐剤 ・静菌作用 ・保存剤 等これらの目的で使用される成分です。 また表示指定成分であると同時に 配合可能成分リストというリストにも掲載されている成分で...
シャンプー成分 あ行

シャンプーの成分エチルパラベンについて

シャンプーに使用される成分「エチルパラベン」は、 1%以下の配合率に規制されている防腐剤で、 ・メチルパラベン ・プロピルパラベン ・ベンジルパラベン 等と表示されるパラベンの一種で、 防腐剤の中でパラベンは一般的に幅広く用いられています。...
シャンプー成分 あ行

シャンプーの成分オトギリソウエキスについて

シャンプーで使用される成分「オトギリソウエキス」は、 オトギリソウ(弟切草)の花、全草といった地上部から抽出された植物エキスで、 ・収れん作用 ・抗炎症作用 ・育毛効果 等といった作用があります。 その他にも ・皮脂分泌抑制作用 ・抗男性ホ...
シャンプー成分 あ行

シャンプーの成分オオバナサルスベリエキス

シャンプーで使用される成分の「オオバナサルスベリエキス」は、 オオバナサルスベリと呼ばれるミソハギ科の植物の葉を乾燥させ、 エタノールにより乾燥させた葉から抽出した植物エキスです。 そんなオオバナサルスベリエキスには、 ・肌荒れ防止 ・肌の...
シャンプー成分 あ行

シャンプーの成分オタネニンジンエキスについて

シャンプーに使用される成分「オタネニンジンエキス」は、 ウコギ科の御種人参の根より抽出した植物エキスです。 そんなオタネニンジンエキスには、 ・抗酸化作用 ・老化防止 ・肌の免疫力の向上 ・保湿効果 等これらの作用があるとされています。 そ...
シャンプー成分 あ行

シャンプーの成分オレンジ油について

シャンプーで使用される成分「オレンジ油」は、 オレンジの果実より抽出された精油で、 ・抗菌作用 ・発汗作用 ・保湿効果 ・皮膚の活性化作用 ・洗浄効果 等の作用があります。 その他にも ・消化器系昨日張性 ・疲れや緊張の緩和 等といった作用...
シャンプー成分 あ行

シャンプーの成分オレフィン(C14-16)スルホン酸Naについて

シャンプーで使用される成分「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」は、 シャンプー以外にもボディーソープや洗顔料等で ・洗浄剤 ・発泡剤 ・界面活性剤 これらの目的で用いられます。 この成分は、 硫酸系洗浄剤の「ラウリル硫酸Na」等と同...
化粧品成分 さ行

化粧品の成分 ジンクピリチオン について

化粧品に使用される成分「ジンクピリチオン」は、 別名:ピリチオン亜鉛、ピリチオン亜鉛水性懸濁液 等と呼ばれる、 白色から黄色をした結晶性粉末で環状化合物ピリジンの誘導体です。 ジンクピリチオンの化粧品成分としては、 ・ヘアコンディショニング...
化粧品成分 さ行

化粧品の成分 セルロース について

化粧品に使用される成分「セルロース」は 別名:セルロース末 とも呼ばれ樹木等の植物より得られる パルプの結晶を取り除いて精製された植物の細胞膜の主成分となる成分です。 セルロースは水に溶けることが無く白色から灰白色をした粉末で、 微生物(細...
化粧品成分 さ行

化粧品の成分 セリン について

化粧品に使用される成分「セリン」は生体系保湿成分のひとつで、 非必須アミノ酸の一種でもありホスファチジルセリンの原料となります。 ホスファチジルセリンは細胞膜を構成する成分のひとつです。 セリンは複数のタンパク質に含まれていますが、 特にセ...
化粧品成分 さ行

化粧品の成分 シリカ について

化粧品に使用される成分「シリカ」は、 別名:含水ケイ酸 別名:含水無晶形酸化ケイ素 別名:軽質無水ケイ酸 別名:二酸化ケイ素 別名:無水ケイ酸 等とも呼ばれている多孔質で表面積が大きなコロイド状の無水ケイ酸で、 岩石から得られる化学物質のひ...
化粧品成分 さ行

化粧品の成分 水酸化Al について

化粧品に使用される成分「水酸化Al」は 別名:乾燥水酸化アルミニウムゲル ともいい、 天然鉱物(ダイアスポンなど)に豊富に含まれる白色をした結晶粉末です。 化粧品成分としては、 ・収斂作用 ・不透明化剤 ・親水性増粘剤 ・色調の調整成分 等...
化粧品成分 さ行

化粧品の成分 ジメチコン について

化粧品に使用される成分「ジメチコン」は、 別名:(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー 別名:架橋型シリコーン末 別名:架橋型シリコーン末(2) 別名:架橋型メチルポリシロキサン 別名:デカメチルテトラシロキサン 別名:高重合メチル...
化粧品成分 さ行

化粧品の成分 水酸化Na について

化粧品で使用される成分「水酸化Na」は、 別名:水酸化ナトリウム 別名:苛性ソーダ(かせいそーだ)とも言われているアルカリ性の界面活性剤です。 主に ・石鹸の製造 ・中和剤 ・乳化剤 ・アルカリ化剤 ・pH調整剤 等の目的で使用されています...
化粧品成分 さ行

化粧品の成分 スイカズラエキス について

化粧品に使用される成分「スイカズラエキス」は、 別名:キンギンカエキス、スイカズラ葉(花)エキス、ニンドウエキス、 ハニーサックル花エキス 等とも呼ばれているエキスです。 スイカズラエキスは スイカズラ(スイカズラ科植物)の葉、花、茎より抽...
化粧品成分 さ行

化粧品の成分 セレシン について

化粧品に使用される成分「セレシン」は鉱物油の一種で、 石油原油中には含有されておらず鉱脈の地ロウを精製することで得られます。 セレシンは白色ワックスで、 ・結合剤 ・親油性増粘剤 ・油剤 これらの目的で化粧品に配合されています。 また様々な...
化粧品成分 さ行

化粧品の成分 シメン-5-オール について

化粧品に使用される成分「シメン-5-オール」は、 別名:イソプロピルメチルフェノール とも呼ばれ 白色あるいは無色をしていてポジティブリストに掲載されています。 化粧品成分としては、 ・防腐剤 ・殺菌剤 ・防カビ剤 ・皮膚コンディショニング...
化粧品成分 な行

化粧品の成分 乳酸ミリスチル について

化粧品に使用される成分「乳酸ミリスチル」は、 ヤシ油の高圧還元で得た後に分別蒸留することで得られる 炭素数14のミリスチルアルコールと乳酸とを反応させることで得られる エステル化合物です。 乳酸ミリスチルは無色から微黄色をしたロウ状の固体あ...
化粧品成分 な行

化粧品の成分 ニトロセルロース について

化粧品に使用される成分「ニトロセルロース」は合成ポリマーのひとつで セルロースの硝酸エステルでありネイルエナメルの主原料となる成分です。 化粧品成分としては溶剤を含んでいても固まりやすく、 更に付着し難くなることからネイルエナメルで使用され...
化粧品成分 な行

化粧品の成分 乳酸菌エキス について

化粧品に使用される成分「乳酸菌エキス」は、 乳酸菌そのものが自ら生成した物質のことで、 乳酸菌の量を増やして活発化させる作用があります。 そんな乳酸菌エキスを化粧品成分として配合する場合、 乳酸菌に含有されている糖鎖(とうさ)と呼ばれる物質...
化粧品成分 な行

化粧品の成分 尿素 について

化粧品に使用される成分「尿素」は、 人体の角質層に存在する天然保湿成分(NMF)の一つで、 尿、血液、体液に尿素が存在しています。 タンパク質が分解されアンモニアになった後、 更に無害となったものが尿素となりますが 今は化学合成により作られ...
化粧品成分 な行

化粧品成分のその他の「な行」

化粧品に使用される成分でその他の「な行」の成分は次になります。 ◆ニコチン酸ベンジル 目的:皮膚コンディショニング剤、ビタミン類、血行促進作用 ◆ニコチン酸メチル 目的:皮膚コンディショニング剤、ビタミン類、香料 ◆乳脂 目的:油剤、閉塞剤...
化粧品成分 な行

化粧品の成分 乳酸菌培養液 について

化粧品に使用される成分「乳酸菌培養液」は動植物性成分のひとつで 別名:天然SE液とも呼ばれています。 ちなみに「SE」とは ◆スキンケア・エッセンス ◆シロタ・エッセンス これらの略名です。 乳酸菌と言えば整腸作用があることが広く知られてお...
化粧品成分 な行

化粧品の成分 乳酸Na について

化粧品に使用される成分「乳酸Na」(乳酸ナトリウム)は、 NMF(皮膚の角質層に存在する天然の保湿成分)のひとつで、 乳酸とは区別されている成分です。 乳酸Naは水酸化ナトリウムと乳酸を中和させることでことで作られ、 無色透明から淡黄色をし...
化粧品成分 な行

化粧品の成分 ナイロン末 について

化粧品に使用される成分「ナイロン末」は、 ・ナイロン-6 ・ナイロン-6/12 ・ナイロン-11 ・ナイロン-12 ・ナイロン-66 ・ナイロン-12/6/66コポリマー 等とも呼ばれています。 ナイロン末の特徴は直径10μの真球状(高分子...
化粧品成分 な行

化粧品の成分 ナタネ油 について

化粧品に使用される成分「ナタネ油」は、 菜種の種子から抽出される天然の植物油脂類のひとつで、 化粧品成分のみならず食用としても利用されています。 ナタネ油は微黄色をした若干、粘性のある油脂で、 オレイン酸、リノレン酸、リノール酸などを豊富に...
化粧品成分 な行

化粧品の成分 ナイアシンアミド について

化粧品に使用される成分「ナイアシンアミド」は、 別名:ビタミンB3、ニコチン酸アミドなどと呼ばれている、 ナイアシンの誘導体であり水溶性ビタミンのひとつです。 ナイアシンアミドは酵母や米ぬかなどに豊富に含有されていますが、 最近ではβ-シア...
タイトルとURLをコピーしました