化粧品成分 は行

ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸ナトリウム について

化粧品に使用される成分 「ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸ナトリウム」は、 淡黄色の液体をした陰イオン性界面活性剤の一種です。 ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸ナトリウムは、 酸化エチレンを合成アルコールへ付加重合した後、 アル...
化粧品成分 ま行

化粧品の成分 メドウフォーム油 について

化粧品に使用される成分「メドウフォーム油」は、 メドウフォーム(リムナンテス科植物)の種子より抽出して得られるオイルで、 淡黄色の透明な液体をした植物油脂類のひとつです。 メドウフォーム油はエイコセン酸という炭素数20以上の不飽和脂肪酸が主...
化粧品成分 あ行

化粧品の成分 L-チロシン について

化粧品に使用される成分「L-チロシン」は生体系保湿成分のひとつで、 別名:L-チロジンとも呼ばれフェノール基を持つ芳香族アミノ酸の一種です。 L-チロシンはアドレナリン(副腎髄質ホルモン)や メラニン(生体の黒色色素)を作りだすアミノ酸で、...
化粧品成分 か行

化粧品の成分 グルタチオン について

化粧品に使用される成分「グルタチオン」は、 生物が持っている生理化性成分で還元反応や酸化に関与するポリペプチドです。 グルタチオンは白色をした結晶性の粉末で水に溶けやすい性質を持ち、 ・メラニン色素の生成抑制 ・肌荒れ防止 ・肌を保護 ・抗...
化粧品成分 は行

化粧品の成分 バレイショデンプン について

化粧品に使用される成分「バレイショデンプン」は、 ジャガイモ(ナス科植物)の根茎より得られるデンプンのことです。 バレイショデンプンは白色をした粉末状あるいは塊をしており 化粧品成分としては、 ・吸着剤 ・結合剤 ・増量剤 ・充填剤 ・親水...
化粧品成分 た行

化粧品の成分 ツバキ油 について

化粧品に使用される成分「ツバキ油」は、ツバキ科の植物の中でも ヤブツバキ(藪椿)と呼ばれる耐寒性常緑中低木の種子より抽出される 無色から微黄色をした不乾性油で植物油脂類のひとつです。 ツバキ油は日本で古くから現在まで髪油として重宝されていま...
化粧品成分 アルファベット表記

化粧品の成分 PEG-2水添ヒマシ油 について

化粧品に使用される成分「PEG-2水添ヒマシ油」は、 ノニオン(非イオン)合成界面活性剤を代表する原料で合成ポリマーで、 白色をした固形脂肪で毒性の弱い成分です。 トウゴマと呼ばれる植物の種子より採取できるヒマシ油に 親水性のポリオキシエチ...
化粧品成分 ら行・わ行

化粧品の成分 ラウリン酸ヘキシル について

化粧品に使用される成分「ラウリン酸ヘキシル」は エステル類の一種でη-ヘキシルアルコールとラウリン酸より得られる液体です。 ラウリン酸ヘキシルは微黄色透明な色をした液体で、 ・油性成分 ・エモリエント剤 等の目的で ・乳液 ・クリーム 等の...
化粧品成分 は行

化粧品の成分 フェニルアラニン について

化粧品に使用されている成分「フェニルアラニン」は生体系保湿成分のひとつで、 各タンパク質の中に微量ながら存在していますが、 比較的高い割合で種子の幼芽中に遊離状態で発見されます。 フェニルアラニンは白色をした結晶あるいは結晶性の粉末で無臭、...
化粧品成分 アルファベット表記

化粧品の成分 DIPA について

化粧品に使用される成分「DIPA」は、 別名:ジイソプロパノールアミンの略で旧指定成分のアルカリ剤です。 DIPAの化粧品成分としては、 ・中和剤 ・酸性ガス吸収剤 ・保存剤 ・塵防止剤 ・pH調整剤 等の目的で化粧品に配合されています。 ...
シャンプー成分 あ行

シャンプーの成分オレフィン(C14-16)スルホン酸Naについて

シャンプーで使用される成分「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」は、 シャンプー以外にもボディーソープや洗顔料等で ・洗浄剤 ・発泡剤 ・界面活性剤 これらの目的で用いられます。 この成分は、 硫酸系洗浄剤の「ラウリル硫酸Na」等と同...
シャンプー成分 あ行

シャンプーの成分エタノールについて

シャンプーに使用される成分「エタノール」は、 シャンプーの他、スキンケア用品などにも用いられる成分で、 ・溶剤 ・安定剤 ・乾燥促進 ・収れん ・殺菌 これらの目的で使用される、 いわゆるアルコールのことです。 この場合のエタノールは「一価...
シャンプー成分 あ行

シャンプーの成分オタネニンジンエキスについて

シャンプーに使用される成分「オタネニンジンエキス」は、 ウコギ科の御種人参の根より抽出した植物エキスです。 そんなオタネニンジンエキスには、 ・抗酸化作用 ・老化防止 ・肌の免疫力の向上 ・保湿効果 等これらの作用があるとされています。 そ...
シャンプー成分 あ行

シャンプーの成分安息香酸Naについて

シャンプーに使用される成分「安息香酸Na」は、 食品にも用いられている防腐成分で、 ・防腐剤 ・静菌作用 ・保存剤 等これらの目的で使用される成分です。 また表示指定成分であると同時に 配合可能成分リストというリストにも掲載されている成分で...
シャンプー成分 あ行

シャンプーの成分オウバクエキスについて

シャンプーに使用される成分「オウバクエキス」は天然保湿成分です。 そんなオウバクエキスは天然の食物エキスで、 樹齢およそ15年以上にもなるキハダの樹皮の抽出エキスとなります。 シャンプーで使用されるオウバクエキスには、 ・保湿性 ・抗酸化性...
シャンプー成分 あ行

シャンプーの成分オトギリソウエキスについて

シャンプーで使用される成分「オトギリソウエキス」は、 オトギリソウ(弟切草)の花、全草といった地上部から抽出された植物エキスで、 ・収れん作用 ・抗炎症作用 ・育毛効果 等といった作用があります。 その他にも ・皮脂分泌抑制作用 ・抗男性ホ...
シャンプー成分 あ行

シャンプーの成分オオバナサルスベリエキス

シャンプーで使用される成分の「オオバナサルスベリエキス」は、 オオバナサルスベリと呼ばれるミソハギ科の植物の葉を乾燥させ、 エタノールにより乾燥させた葉から抽出した植物エキスです。 そんなオオバナサルスベリエキスには、 ・肌荒れ防止 ・肌の...
シャンプー成分 あ行

シャンプーの成分オレンジ油について

シャンプーで使用される成分「オレンジ油」は、 オレンジの果実より抽出された精油で、 ・抗菌作用 ・発汗作用 ・保湿効果 ・皮膚の活性化作用 ・洗浄効果 等の作用があります。 その他にも ・消化器系昨日張性 ・疲れや緊張の緩和 等といった作用...
シャンプー成分 あ行

シャンプーの成分エチルパラベンについて

シャンプーに使用される成分「エチルパラベン」は、 1%以下の配合率に規制されている防腐剤で、 ・メチルパラベン ・プロピルパラベン ・ベンジルパラベン 等と表示されるパラベンの一種で、 防腐剤の中でパラベンは一般的に幅広く用いられています。...
化粧品成分 さ行

化粧品の成分 ステアラルコニウムクロリド について

化粧品に使用される成分「ステアラルコニウムクロリド」は、 別名:塩化ステアリルジメチルベンジルアンモニウム とも呼ばれている、 塩化ベンザルコニウムと同族系列の化合物で陽イオン界面活性剤の一種です。 化粧品成分としては、 ・界面活性剤 ・コ...
化粧品成分 さ行

化粧品の成分 ステイン について

化粧品に使用される成分「ステイン」は 別名:L-ステイン とも呼ばれる含流アミノ酸の一種です。 ステインは光沢のある白色をした板状の結晶で、 人体には角質層、髪の毛、爪等に多く存在し 体内で行われる代謝に関与する重要な成分の一つです。 ステ...
化粧品成分 さ行

化粧品の成分 酸化鉄 について

化粧品に使用される成分「酸化鉄」は、 硫酸第一鉄を加工することで精製される粉末で 鉄の酸化物、水酸化物、水酸化酸化物の総称で、 ・暗赤色から赤褐色…ベンガラ ・橙黄色…黄酸化鉄 ・黒色…黒酸化鉄 これら3種類があります。 これらを製造時の温...
化粧品成分 さ行

化粧品の成分 シスチン、システイン、システインHCl について

化粧品に使用される成分「シスチン」は生体系保湿成分のひとつで、 主に髪の毛や皮膚などを構成するタンパク質のケラチン中に 豊富に含有されている硫黄を含んだアミノ酸の一種です。 シスチンは様々なタンパク質に少量ずつ含まれており、 弾力性、進展性...
化粧品成分 さ行

化粧品の成分 シアバター について

化粧品に使用される成分「シアバター」は 別名:シア脂と呼ばれる植物油脂類のひとつで、 シアの種子から抽出される白色から淡黄色をした脂肪です。 シアバターはオレイン酸やステアリン酸が主成分で、 皮膚炎や皮膚過敏症を予防する作用があります。 ま...
化粧品成分 さ行

化粧品の成分 セタノール について

化粧品に使用される成分「セタノール」は高級アルコールの一つで、 別名:パルミチルアルコールやセチルアルコールとも呼ばれています。 セタノールは白色から淡黄色をした光沢ある蝋状の固体で 牛脂やヤシ油の還元反応により精製されるオイルです。 そん...
化粧品成分 さ行

化粧品の成分 シメチコン について

化粧品に使用される成分「シメチコン」は 別名:シリコン樹脂 とも呼ばれ安全性の高いシリコーンオイルの一種です。 シメチコンは撥水性があり使用感はサラッとしていて 化粧品に配合しても油分特有のベタつきは感じられません。 そんなシメチコンの化粧...
化粧品成分 さ行

水酸化クロム と 水酸化Mg について

化粧品に使用される成分「水酸化クロム」は、 顔料として各種化粧品で使用される成分の一つで、 無機顔料の中でも着色顔料に属する含水酸化クロムの無機顔料です。 水酸化クロムは吸油性に優れていることから この成分を配合することで製品を透明で濃い緑...
化粧品成分 さ行

化粧品の成分 酸化チタン、マイカ について

化粧品に使用される成分「酸化チタン、マイカ」は板状粉体(マイカ)を 二酸化チタンにより覆ったもののことをいい化粧品に配合することで、 ・肌に真珠光沢と艶を与える ・製品の伸びをよくする ・二酸化チタンが有する紫外線遮断作用でUVケア効果があ...
化粧品成分 さ行

化粧品の成分 酢酸トコフェロール について

化粧品に使用される成分「酢酸トコフェロール」は、 α-トコフェロールを酢酸エステル化した誘導体で合成ビタミンEで、 水溶性ではなく植物オイルなどに溶ける脂溶性ビタミンです。 肌に浸透することで酸素によりトコフェロール(ビタミンE)に変化し ...
化粧品成分 な行

化粧品成分のその他の「な行」

化粧品に使用される成分でその他の「な行」の成分は次になります。 ◆ニコチン酸ベンジル 目的:皮膚コンディショニング剤、ビタミン類、血行促進作用 ◆ニコチン酸メチル 目的:皮膚コンディショニング剤、ビタミン類、香料 ◆乳脂 目的:油剤、閉塞剤...
化粧品成分 な行

化粧品の成分 ナイロン末 について

化粧品に使用される成分「ナイロン末」は、 ・ナイロン-6 ・ナイロン-6/12 ・ナイロン-11 ・ナイロン-12 ・ナイロン-66 ・ナイロン-12/6/66コポリマー 等とも呼ばれています。 ナイロン末の特徴は直径10μの真球状(高分子...
化粧品成分 な行

化粧品の成分 尿素 について

化粧品に使用される成分「尿素」は、 人体の角質層に存在する天然保湿成分(NMF)の一つで、 尿、血液、体液に尿素が存在しています。 タンパク質が分解されアンモニアになった後、 更に無害となったものが尿素となりますが 今は化学合成により作られ...
化粧品成分 な行

化粧品の成分 乳酸菌エキス について

化粧品に使用される成分「乳酸菌エキス」は、 乳酸菌そのものが自ら生成した物質のことで、 乳酸菌の量を増やして活発化させる作用があります。 そんな乳酸菌エキスを化粧品成分として配合する場合、 乳酸菌に含有されている糖鎖(とうさ)と呼ばれる物質...
化粧品成分 な行

化粧品の成分 苦味チンキ について

化粧品に使用される成分「苦味チンキ」は、 次の3種類の成分のことを言います。 ◆サンショウエキス 目的:抗菌効果、血行促進効果 配合化粧品:毛髪促進効果を有するシャンプー、ヘアコンディショニング製品 説明:サンショウの果皮より得られるエキス...
化粧品成分 な行

化粧品の成分 乳酸ミリスチル について

化粧品に使用される成分「乳酸ミリスチル」は、 ヤシ油の高圧還元で得た後に分別蒸留することで得られる 炭素数14のミリスチルアルコールと乳酸とを反応させることで得られる エステル化合物です。 乳酸ミリスチルは無色から微黄色をしたロウ状の固体あ...
化粧品成分 な行

化粧品の成分 ニトロセルロース について

化粧品に使用される成分「ニトロセルロース」は合成ポリマーのひとつで セルロースの硝酸エステルでありネイルエナメルの主原料となる成分です。 化粧品成分としては溶剤を含んでいても固まりやすく、 更に付着し難くなることからネイルエナメルで使用され...
化粧品成分 な行

化粧品の成分 乳酸 について

化粧品に使用される成分「乳酸」は腐敗乳中に存在する有機酸で、 発酵法あるいは合成法で作られるAHA(アルファヒドロキシン酸)の一種で、 生体系保湿成分のひとつです。 乳酸は無色から淡黄色をした粘性の液体で、 どれだけの量を配合するかにより肌...
化粧品成分 な行

化粧品の成分 乳酸セチル について

化粧品に使用される成分「乳酸セチル」は、 乳酸とセチルアルコールとの反応により得られるエステル化合物で、 ロウ状の個体で白色をしたエステル類のひとつです。 乳酸セチルの「乳酸」は人の皮膚の自然保湿因子のひとつであり、 そのエステルであること...
化粧品成分 な行

化粧品成分 ニガリパウダー について

化粧品に使用される成分「ニガリパウダー」は動植物性成分のひとつで、 塩化マグネシウムが主成分となる天然海水成分です。 海水を濃縮することで塩を除去した後に残った液体が「ニガリ」であり、 豆腐を固めるために使用される凝固剤として昔から利用され...
タイトルとURLをコピーしました