2016-06

化粧品成分 は行

化粧品の成分 ペンチレングリコール について

抗菌剤として化粧品で使用される成分「ペンチレングリコール」は、 別名:1,2-ペンタンジオールとも呼ばれており、 無色透明の液体で若干ニオイはあるものの高い安全性を誇ります。 また優れた抗菌性とバラ便との相乗効果により、 防腐剤の配合量を減...
化粧品成分 は行

化粧品の成分 パーフルオロポリメチルイソプロピル について

化粧品に使用される成分「パーフルオロポリメチルイソプロピル」は、 比較的高分子の液状をしたフッ素オイルで安定性のある性質をした合成ポリマーです。 パーフルオロポリメチルイソプロピルの 「パーフルオロ」という名から始まる成分の全てがフッ素化合...
化粧品成分 は行

化粧品の成分 ヘキシルデカノール について

化粧品に使用される成分「ヘキシルデカノール」は、 原料をプロピレンとする無色透明な油液で高級アルコールのひとつです。 ヘキシルデカノールは、 油性物質でありながら油ぎった感触はなく ・他の物質に対し溶解性がいい ・科学的安定性がいい ・酸化...
化粧品成分 な行

化粧品の成分 苦味チンキ について

化粧品に使用される成分「苦味チンキ」は、 次の3種類の成分のことを言います。 ◆サンショウエキス 目的:抗菌効果、血行促進効果 配合化粧品:毛髪促進効果を有するシャンプー、ヘアコンディショニング製品 説明:サンショウの果皮より得られるエキス...
化粧品成分 は行

化粧品の成分 ホホバ油 について

化粧品に使用されている成分「ホホバ油」は、 トリグリセライド成分を含んでいない液体ワックスエステルで、 カン木と呼ばれる植物の種子より得ることができる黄色の液状ロウです。 ホホバ油は原住民に昔から ・乾燥した肌を和らげる ・油分を補う ・皮...
化粧品成分 は行

化粧品の成分 パンテノール について

化粧品に使用される成分「パンテノール」は、 別名:D-パントテニルアルコールとも呼ばれているビタミンB群の一つで、 ビタミンB5(パントテン酸)のアルコール型誘導体成分です。 パンテノール毛髪に対し成長促進効果があるため、 育毛、養毛、脱毛...
化粧品成分 は行

化粧品の成分 ハロカルバン について

化粧品に使用される成分「ハロカルバン」は、 別名:クロフルカルバン とも呼ばれ、 ニオイがほとんどしない白色をした粉末です。 ハロカルバンの化粧品成分としては、 ・消臭剤 ・殺菌剤 ・抗菌効果 ・静菌効果 等として肌、髪、頭皮の清潔保持を目...
化粧品成分 は行

化粧品の成分 パリエタリアエキス について

化粧品に使用される成分「パリエタリアエキス」は、 ウルシ科の野草であるパリエタリアの葉から得られるエキスです。 パリエタリアエキスは独特なツンとくる香りを持ち、 カリウム、カルシウム、タンニン等を成分に含み、 化粧品成分としては、 ・抗炎症...
化粧品成分 は行

化粧品の成分 パプリカ色素 について

化粧品に使用される成分「パプリカ色素」は、 別名:ダイズ油・パプリカ色素 とも呼ばれています。 まずパプリカ(ナス科植物)の果実を溶剤を用いて 抽出・精製することで得られるのはカロチノイド系色素となりますが、 ダイズ油にこのカロチノイド系色...
化粧品成分 は行

化粧品の成分 ヒドロキシアパタイト について

化粧品に使用される成分「ヒドロキシアパタイト」の「アパタイト」は、 燐灰石のことでヒドロキシアパタイトとはリン酸カルシウムの一種で、 水酸化カルシウムとリン酸を反応させることで得られる骨、歯の主成分です。 化粧品成分としては ・増量剤 ・粉...
タイトルとURLをコピーしました